IoTで思うこと。

2020年9月19日土曜日

考察

t f B! P L
東京都IoT研究会が主催する勉強会に参加しましたので、思ったことを書いてみます。


IoTって、結局は手段であって、目的ではない。


良く言われることですよね。

でも業界は手段に走ってますよね。


そうしないと、物が売れないから。

そっちのほうが、分かりやすいから。


今でこそIoTというワードで表現しますが、


昔からやってきたんですよね、この程度のこと。


データを、

取って、

溜めて、

解析して、

次へ活かす。


本当の意味で、出来てたかどうかは別として。


今更なのは、ただ単に、


インフラが良くなった。

マシンパワーが上がった。

これらがローコストになった。

外人がやるって言ってる。


その程度のオマケが付いただけのこと。


確かにAIというナウいキーワードがあるけれど、


これがIoTなのではない。

IoTの先にある、便利なツール。


その前に、やることは沢山あるはず。


AI使って、自律する設備になれば良いのでしょうが、


そこまで必要か?

そこまで行けるのか?


ここらへんは賛否あると思いますが、

今のところ、私なら、


AIのことは、一旦忘れる。

その前に、やるべきことをやる。


インダストリー4.0とか、

インダストリアルインターネットとか、


日本では、多分合わない。

文化が違い過ぎる。


プラットフォームの統一とは言っても、

サプライチェーンの情報共有とは言っても、

大企業とベンチャーが手を組むと言っても、


できないですよね、結局。


競合他社と手を組んで、

新たな価値を創造しよう、

なんて、


できないですよね。


日本的なビジネスモデルがないものか、

考えさせられる一日でした。


ちなみに、ここに書いたことは午前の部。

午後の部はデバイスやらのハード周りの説明。

PLCも出てきた。

ラズパイも出てきた。

もともと知ってるから、

ただただ、ヒマ、だった。


そこで思った。

やはり私はマーケティングとかの方が、シックリくる。


講習の内容をけなしてる訳ではありません。

誤解のなきよう。

Label

Archive

Search

QooQ