スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月, 2021の投稿を表示しています

【第63号】みんなが利益を得られるオートメーションマガジン

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━■    みんなが利益を得られる      オートメーションマガジン    ■━━━━━━━━━━━━━━━━━━■ オートメーションに関する一週間のネット記 事をまとめました! ▼ 今週の気になった記事 ──────────────────── 急回復見せるFAセンサ市場 半導体製造装置、電子部品実装装置向けがけん引 https://www.automation-news.jp/2021/03/54472/ 横河電機が進める2つのDX、グローバル最適化やIT変革を推進 https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/spv/2103/26/news055.html 制御システムセキュリティカンファレンス 2021 開催レポート https://blogs.jpcert.or.jp/ja/2021/03/ics-conference2021.html 本田宗一郎氏の思いとデジタル技術を融合へ、ホンダの生産技術 https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/spv/2103/25/news084.html 製造業DXへの道 (3)インテリジェントエッジの動向と期待 https://www.automation-news.jp/2021/03/54354/ 儲かるメーカー 改善の急所101項 https://www.automation-news.jp/2021/03/54378/ アズビル WEB活用でバルブ診断 https://www.automation-news.jp/2021/03/54389/ 選定と立ち上げを容易に、簡単設定で低価格なファイバーセンサー https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/spv/2103/25/news043.html 第9回ロボット大賞 決定 https://www.automation-news.jp/2021/03/54342/ 2019~2020年 制御システムセキュリティアセスメント報告書 https://blogs.jpcert.or.jp/ja/2021/03/ics-assessment-report.html カシオが取り組む“人作業の見える化”、ミズスマシなど準直接作業の効率向上 https://monois

具体性と価値で夢を語る

人が語る夢って、スゴク勉強になります。 先日、息子の卒業式に行ってきました。 卒業生はみんな、将来の夢を発表するのですが、 話し方はだいたい次の2つ。 ・・・・・したい ・・・・・になりたい っていうパターンと、 ・・・・・します ・・・・・になります っていうパターン。 ここで私が何を言いたいか、 だいたい想像つくとおもいますが、 前者よりも後者がイイ。 希望するんじゃなく、 言いきってしまう。 そう言う表現しないと、 いつまでたっても、 夢のままですよ。 って、 私に言われなくても、 そんなこと分かってるよ って言われそうですが、、、 実は、 それが言いたいんじゃないんです。 別に思ったことがあります。 何かというと、 具体性 と、 価値 夢を語るとき、たとえば、 ぜってーサッカー選手になる! でも良いかもですが、 これを、 高校卒業のとき、 プロになれず、 あえなく大学へ進学。 その後、大学の部活で開花し、 プロの目にとまり、スカウトされる。 大学の卒業とともにプロデビューする。 と言ったらどうでしょう。 まあ、こんな表現しないでしょうけれど、 だいぶホンモノっぽいですよね。 これが、具体性。 大卒でプロになるけれど、 30歳になったら引退する。 引退後は、 サッカーの知識と、 大学で学んだ知識を活かし、 リタイアした選手に、 再就職先を斡旋する事業をおこす。 といったらどうでしょう。 自分の夢は、最終的には人のためになる。 これが、価値。 ちょっと例が大げさでしたが、 卒業生が語る夢を聞いていて、 具体性と価値、 この2つって、ちょーダイジ って思ったのです。 具体的なロードマップで、 それにどんな価値があるのか。 そこまでハッキリ夢を語ると、 ゼッタイそうなる。 っていうか、 そうしかならない。 いや、 そうなるように生きるようになる。 って思いませんか? ちなみに、小学生の卒業式でした。 小学生に教えてもらう、 イイ時間でした。

【第62号】みんなが利益を得られるオートメーションマガジン

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━■    みんなが利益を得られる      オートメーションマガジン    ■━━━━━━━━━━━━━━━━━━■ オートメーションに関する一週間のネット記 事をまとめました! ▼ 今週の気になった記事 ──────────────────── 人手作業のデータ化、ポイントは「自然に自動で」 https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/spv/2103/17/news100.html EtherCATやMECHATROLINKなどFAネットワーク対応多軸ドライバ、小型2軸型を追加 https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/2103/17/news047.html 省エネルギーで選択を容易にするIEC産業用リレー、重負荷の切り替え用途に https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/spv/2103/16/news031.html さまざまな製造IoTデータを容易に連携、CIOFが2022年に商用化へ https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/spv/2103/15/news064.html ニューノーマル工場の実現の砦 アルファTKG、「板金IoT・DX実証加工センター」開設 https://www.automation-news.jp/2021/03/54218/ 国内産業用ネットワーク機器の市場予測発表、2020年成長率は2.2% https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/spv/2103/15/news032.html ABB、新型協働ロボット2種を発売 高可搬タイプと安全・高速動作タイプ https://www.automation-news.jp/2021/03/54215/ オムロン、バラ積みピッキング用3Dビジョンセンサ 協働ロボット取り付けで高速・高精度検出 https://www.automation-news.jp/2021/03/54210/ 産業用ロボットを巡る 光と影(31) https://www.automation-news.jp/2021/03/54213/ アムニモの簡易無線水位計測サービス、NNTD登録 https://www.automation-

出直せばイイんです。

あなたは、 現場で想定外のことが起こったとき、 どう対処しますか? いまあなたはプログラムの直しのため現場にいるとします。 お客様と仕様の確認をしたところ、 なんか、聞いてた話と違うぞ。 せっかく準備してきたのに。 違うじゃーん。 聞いてないよ〜。 たまにありそうな話ですが、 そんなとき、あなたなら、 どういう対応をしますか? ふざけんなよ、 って言います? 私なら、 チャ~ンス って思っちゃいます。 それで、 こんなふうに言います。 今日はヤメ。 出直します。 直球すぎるので、 真意を説明しますね。 よーく考えて欲しいんですけど、 ホントウは、お客様が悪かったとしても、 お金を払うのは、 お客様。 主役は、 お客様。 なんです。 お客様は神様です! とは言いませんが、 お客様を悪者にしても、 1円にもなりません。 であるならば、 この出来事を利用して、 お客様が損せず、 自分も損しない、 あわよくば、 お互い得する的な、 ことを考えるべき。 だから、 今日はヤメとこ、 ってなるのです。 え? ヤメちゃうの? ヤレるだけやったら? ヤメて何が得なの? って思いますよね? 確かにその通り。 また直球なので、 真意を補足しますね。 結局のところ、 うまく行きさえすれば、 結果オーライ、 なんです。 自信があるのなら、 そうすればイイんです。 なんですが、 準備不足な状態で、 強行したあげく、 うまく行かなかった、 とすると、どうでしょう? お客様には損ですよね? 時間やらなにやら。 自分にも損ですよね? 不安がられたりして。 だから、 出直す のです。 ちゃんと準備して、 次回、バチっと終わらせるのです。 それが、 お客様も、 自分も、 得する答え なんです。 でも、 そう言うと、お客様は、 ガッカリした顔をされるかもしれません。 だって、やれると期待してたことが、 今日出来ないんだから。 営業的に考えても、 ヤベ、ガッカリさせちゃった。 って思うかもしれません。 そりゃそうですよ。 期待に応えてあげたい、 って思ってるんですから。 でも、 イイんです。 そのときガッカリさせても。 ガッカリの理由がちゃんとあって、 そうすることがお互いの得になるんだから、 次でバッチリ挽回すれば、 イイんです。 眼の前のことにとらわれず、 たとえ先送りだとしても、 それがベストな答えだ

【第61号】みんなが利益を得られるオートメーションマガジン

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━■    みんなが利益を得られる      オートメーションマガジン    ■━━━━━━━━━━━━━━━━━━■ オートメーションに関する一週間のネット記 事をまとめました! ▼ 今週の気になった記事 ──────────────────── いまさら聞けない「CBM」 https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/spv/2103/09/news068.html 製造業は”人”にとって働きやすい職業・現場なのか? https://www.automation-news.jp/2021/03/54129/ 製造業・世界と戦う担い手づくり エキスパート待望 (52)若手技術者に技術的な資格を取らせるべきか否か https://www.automation-news.jp/2021/03/54134/ 三菱電機、産業メカトロニクス製作所を設立 事業競争力を強化 https://www.automation-news.jp/2021/03/54122/ 製造業のオンライン活用、次のレベルへ テスト、工場立ち合い、技術研修に拡大 https://www.automation-news.jp/2021/03/54126/ ifLinkは普及と実用化に向けた次のステージへ、5月からβ版を一般公開予定 https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/spv/2103/08/news046.html ▼ イベント ──────────────────── ITmedia Virtual EXPO 2021年2月16日~2021年3月19日 https://ve.itmedia.co.jp/em Japan IT Week 2021年4月26日~2021年4月28日 東京ビッグサイト https://www.japan-it-spring.jp/ <イベント検索> 東京ビッグサイト  http://www.bigsight.jp/event/ 幕張メッセ  https://www.m-messe.co.jp/event/ 埼玉スーパーアリーナ  https://www.saitama-arena.co.jp/schedule/ パシフィコ横浜  https://www.pacifico.co.jp/v

蕎麦屋で。

ちょっとおしゃれな蕎麦屋のできごと。 ランチタイムに、ご近所のマダム数名。 飲んだり、食ったり、語らったり。 さすがマダム(笑) しばらくいると、 最初は気にならなかったのですが、 何となく違和感。 よーく見ると、 ウェイトレスさんも、 マダムと同世代の、いわゆる、 オバちゃん。 これってよくある光景かもしれませんが、 自分だったら、どっちがイイか、 考えたことありますか? マダムか、 オバちゃんか。 そりゃぁもちろん、 マダムでしょ、 って聞こえてきそうですが、 ではこれではどうでしょう? マダムのグループの中で、 自分の言いたいことも言えず、 流されていく。 そんな私。 一方、 他人なんて関係ないわ。 ガッツリ稼いで、 やりたいことやってくの。 そんな私。 どっちがイイですか? まもなく4月になります。 社会では新たな一年のスタート。 これから1年間の自分の生きる形を考えてみる良い機会ではないでしょうか?

【第60号】みんなが利益を得られるオートメーションマガジン

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━■    みんなが利益を得られる      オートメーションマガジン    ■━━━━━━━━━━━━━━━━━━■ オートメーションに関する一週間のネット記 事をまとめました! ▼ 今週の気になった記事 ──────────────────── 終焉する“孤立したOTネットワーク”、ITとの統合でサイバー攻撃を防ぐには https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/spv/2103/05/news006.html FA・制御機器 生産・販売終了品情報【2021年3月3日版】 https://www.automation-news.jp/2021/03/54102/ FA・自動化業界掲示板【2021年3月3日版】 https://www.automation-news.jp/2021/03/54107/ THKのIoTサービスがFIELD systemと連携、機械要素部品と装置を同時監視可能に https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/spv/2103/04/news030.html デジタル出力非対応の旧型半導体製造装置、京セミが取り組んだIoT化の道のり https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/spv/2103/04/news028.html バラ積み部品のピックアップ自動化へ、オムロンが3Dビジョンセンサーを発売 https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/spv/2103/02/news049.html 最先端プロセス向け半導体フォトレジストの製造ラインを増設 https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/spv/2103/02/news028.html 複数の測定器を制御、計測できる統合計測ソフトウェアプラットフォーム https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/spv/2103/03/news042.html 技術者が行けない! タイでの新製品量産を遠隔立ち上げしたOKIデータの挑戦 https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/spv/2103/02/news078.html 最先端プロセス向け半導体フォトレジストの製造ラインを増設 https://

使う人のことを考える。

タッチパネルの画面を描いていて思いました。 素人が使う画面と プロが使う画面って 180度逆。 素人と言うと失礼かもしれませんが、 装置のことを良く知らないで使う人のこと を指しています。 プロというのは、 バルブなんて手動でガンガン動かすゼ! という感じの人。 装置のことを良く知らずに使うことが想定される場合、 どうしても画面は複雑になる。 操作する手順ごとに画面が進んでいくような、 手続き型の画面になる。 装置のことを良く知っていて触る人ばかりの場合、 画面1枚で一通りのことができるような、 シンプルな画面になる。 どっちがイイとか悪いとかではないのですが、 愚痴を言うのであれば、 手続き型の画面は、正直、 めんどくせぇ。 で、 実はそんなことが言いたいのではなく、 画面にしろ、プログラムにしろ、 使う人がどう思うか、 ってこと。 どこまで使う人のことを思って作れるか、 ってこと。 装置のことを良くしらずに使うということは、 なるべく間違いがなく、 安全に使えることを提供する必要がある。 装置のことを良くしっている人に対しては、 しがらみがなく、 なんでも操作できるような、 自由度を提供する必要がある。 正直、作るのが面倒だったとしても、 使ってもらうシーンを想像しながら、 ものづくりをする。 それがプロってもんだろう。 そう思ったのでした。