具体性と価値で夢を語る

2021年3月27日土曜日

ヒラメキ

t f B! P L
人が語る夢って、スゴク勉強になります。


先日、息子の卒業式に行ってきました。

卒業生はみんな、将来の夢を発表するのですが、

話し方はだいたい次の2つ。


・・・・・したい
・・・・・になりたい


っていうパターンと、


・・・・・します
・・・・・になります


っていうパターン。


ここで私が何を言いたいか、

だいたい想像つくとおもいますが、


前者よりも後者がイイ。


希望するんじゃなく、

言いきってしまう。


そう言う表現しないと、

いつまでたっても、

夢のままですよ。


って、

私に言われなくても、

そんなこと分かってるよ

って言われそうですが、、、


実は、

それが言いたいんじゃないんです。

別に思ったことがあります。

何かというと、


具体性

と、

価値



夢を語るとき、たとえば、


ぜってーサッカー選手になる!


でも良いかもですが、

これを、


高校卒業のとき、

プロになれず、

あえなく大学へ進学。

その後、大学の部活で開花し、

プロの目にとまり、スカウトされる。

大学の卒業とともにプロデビューする。


と言ったらどうでしょう。

まあ、こんな表現しないでしょうけれど、

だいぶホンモノっぽいですよね。

これが、具体性。



大卒でプロになるけれど、

30歳になったら引退する。

引退後は、

サッカーの知識と、

大学で学んだ知識を活かし、

リタイアした選手に、

再就職先を斡旋する事業をおこす。


といったらどうでしょう。

自分の夢は、最終的には人のためになる。

これが、価値。



ちょっと例が大げさでしたが、

卒業生が語る夢を聞いていて、


具体性と価値、


この2つって、ちょーダイジ

って思ったのです。



具体的なロードマップで、

それにどんな価値があるのか。



そこまでハッキリ夢を語ると、


ゼッタイそうなる。

っていうか、

そうしかならない。

いや、

そうなるように生きるようになる。


って思いませんか?



ちなみに、小学生の卒業式でした。

小学生に教えてもらう、

イイ時間でした。

follow us in feedly

QooQ