人に頼むということ。

2021年1月23日土曜日

考察

t f B! P L

会社で大きな仕事をしている方は、下請けさんなどを交え、団体プレーを仕切ることが多いと思います。

昔の私もそうでした。

今の私は個人事業主です。

団体プレーの一部として使われる側がほとんど。

いつもこの位置で仕事ができれば問題にはならないのですが、

団体プレーをまとめる側となると話は変わってきます。

個人事業主であっても、お客様からの依頼内容によっては、人を束ねる位置になることもしばしば。

そんな場合でも、いわゆる協力業者さんはいくつかありますので、おおよそ団体プレーもどきで進められるのですが、

一番問題なのは、

自分が専門とする部分を人に頼む場合。

本来、自分でやれば良い仕事であっても、納期とか規模によっては、誰かを頼る必要があったりしますよね。

こっちのPLCは私がやるけど、そっちのPLCは君に頼む・・・みたいな。

結果的にうまく仕事が終われば問題ないのですが、

・教えるのがめんどくさい

・出来栄えが気になる

・自分でやったほうが速い

・手間がかかる

・仕事取られた感が否めない

・出来栄えが良すぎると嫉妬する

など、ジレンマだらけになります。

じゃあ自分で全部やればいいじゃないか・・・堂々巡りです。

サラリーマン時代にも、後輩を育てろ、と言われていたのですが、

正直、得意じゃありませんでした。

多分、私の性格が良くないのでしょうが、

ここら辺をどう対処できるかが、経営者としての器になってくるのでしょうね。

自省のブログでした。


Label

Archive

Search

QooQ