スキップしてメイン コンテンツに移動

スターバックスで思ったこと。

先日スターバックスに行ったときのこと。

スタッフと客がグチャグチャはなして進まない。

行列ができてる。

ふらっと寄っただけなので、

あきらめて帰る。

正直、

スタッフ、経営はこの私を見届けているのか?

正直、ムカついてるんだけど!

こんな商売してて大丈夫なのかな?

そう思いました。

でもそこで更に思った。

これってスターバックスのやりかた。

気に入らない人は来なければいい。

たぶん、そういうことだと思う。

これ、仕事も一緒。

お客様の希望をいち早く察知して対応するやりかたと、

自分のやりかたにお客様を従わせるやりかたと。

そういうことだと思う。

どちらも間違いではないと思う。

で、結局どう結論付けるかというと、

私の場合、

この2つのハイブリッド。(どちらかというと前者ですが。)

・打ち合わせのとき、お客様がなにを希望しているか聞き取る

・作り込みのとき、満足するお客様を想像する

・現場のとき、その場で何をすればベストかを考えてうごく

でも・・・

・無茶はしない

・できないものはできない

エンジニアとして最善の判断をして、

一番イイやりかたで進める。

そう努めてます。

これってブランドであったり、

経営そのものだと思うのです。

コメント