2千円のベッドマットを3千円で洗濯した件

2022年5月7日土曜日

ヒラメキ

t f B! P L


ミンガラ ネレーキンパ!

「みんなが利益を得られるオートメーションを実現する制御家」 ふくまつよし です。



先日クリーニング屋さんに

ベッドマットを洗濯に出しました。



ちょうど20%OFFキャンペーンだったので

チャーンスって思ってのこと。



支払いしてルンルンで帰ったんですが

その後電話がかかってきて

ちょうど取込中だったんで出られなかったら

留守電に

金額間違ったんであと2千円はらってちょ

ってメッセージ。



え?

あと2千円はらったら計3千円になっちゃうよ。

2千円で買ったシーツを3千円かけて洗うなんてないよねー。

ちょうど明日また近くに行くから、行ってキャンセルしよ

って思って、その日は放置。



翌日朝いちばんにクリーニング屋に行って

キャンセルね!って言ったらなんと



え?もう洗濯しちゃってるよ!

キャンセルできないねーw



って言われ

あちゃーって思ってたら・・・



ドーン! (゚∀゚)キタコレ!!

補足)笑ゥせぇるすまんの決めゼリフ!

ヒラメキました。



「放置のしかた」



説明しますね。



いやー、あり得ないっすよね。

客の意向を聞かず、勝手に洗っちゃうなんて。

何て勝手なクリーニング屋なんだ!

ってカチンと来たんですけど



そもそもは

まさか勝手に洗濯するなんて思わず

留守電放置した私がいけないんですよね。



直ぐ電話してキャンセルって言えば

良かっただけなんですよね。



そんで結局、追加料金を払うはめに。

2千円のベッドマットを3千円かけて洗濯したのでした。



でね!

「確認だけは先にやろう」

ってこと。



ビジネスを考えた場合

優先順位をつけて

後回しにする

ってこと良くありますよね。



言い方を変えると

優先順位を付けることがビジネス

みたいな。



でも優先順位のつけかたを間違えると

私みたいなことになっちゃう。



たかだかクリーニング代ならしれてますけど

大きな取引だったりしたらたいへん。



だからこそ

ちゃんとリクエストを聞いて

ちゃんと判断して

ちゃんと後回しにする。



いきなり放置

じゃなくって

確認してから放置。



あなたはちゃんと放置できてますか?!



今回はここまで。

トァゥダォーメ!



追伸

今回のご挨拶は「ミャンマー語」でした。



追・追伸

みんなが利益を得られますように(^_-)-☆

RSSでブログを購読

follow us in feedly

メルマガ登録-フリーランスエンジニアのヒラメキ

メルマガ登録-みんなが利益を得られるオートメーションマガジン

e-mail

QooQ