サボりの効用

2021年5月15日土曜日

考察

t f B! P L
ハマってるドラマありますか?



スラマッシアン!

みんなが利益を得られるオートメーションを実現する制御家「ふくまつよし」です。



ドラマっていいですよね。

ハマって、仕事が手につかなくなって(汗)


実は先日、

アマゾンプライムビデオで、

「孔子」

のドラマを見つけてしまい、

しばらくガン見してました。


感想。

いやぁーよかった。

心が洗われた。

オレってちっせーって思った。

中国ってやっぱ歴史ふけーって思った。

仁って教えにモエた。



ちょっと話それますが、

最近のサブスクってスゴいですよね。

なんでもあるし、

興味ありそうなの推薦してくれるし。

世界中で全く知られてないであろう映画と出会えるし。


ちなみにアマゾンが次見ろとオシてくるのは、


「三国志」


ちょーベタ!

ありえねーぐらい、予定通り。

でも見ちゃうよねー。

もう見てるしー。



でもね、

ムダに時間割いて、

仕事サボって、

ボーッとしてたんではないんです。

ちゃんと学んだんですよ。



それは、、、


「きっかけダイジ」



べつに、

孔子を見て、

何か壮大な気付きを得よう、

とか

仁について語ろう、

とか

そんなことは言いません。



「きっかけ」を見つける材料にしようゼ

ってこと。



例えば、

孔子を見たことで、

仁っていうワードが気になって、

図書館で孔子の本を借りて読んでみる。

そういう「きっかけ」


孔子じゃなくてイイんです。

ドラゴンボールでも、

こち亀でも、

鬼滅でも、


もっと言えば、

野球でも、

サッカーでも、

近所のオバチャンと社交ダンスでも、


なんでもイイんです


もともとは、

暇つぶし、

とか

サボり、

とか

ふらちな理由で始まったことでも、


そこで、

何かに気付いて、

次に何かをする。


何か行動することで、

全く知るはずのなかったことに出会えたり、

新たなヒントを得られたり、

やりたいことが見つかったり、

はたまた、ぜんぜん関係ないことを発想したり、



せっかく時間使うんだったら、

ボーッとしてないで、

何かゲットしようゼ!

ってことでした。



ちなみに、

孔子は全20話でしたが、

三国志は全95話です。

相当サボらないと最後までたどりつきませんね(汗)



サンパイ ジュンパ ラギ!

Label

Archive

Search

QooQ